フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 避暑地でのんびり? | メイン | 7月終了で、あたりまえに8月スタート »

2012年7月31日 (火)

昭和の豪奢 洋と和


 

月曜、一日おまけの夏休み。 

 

申し込んで抽選に当たった”迎賓館赤坂離宮参観”に行ってきました。 

 

いつも門の外から眺めているここの内部を見学出来ると聞いたので、有給休暇をとって行ってきました。 

 

入館には、当選票に身分証明書の提示。さらにボディチェックと手荷物検査と厳重なセキュリティー。

 

まるで飛行機に乗るような厳戒さです。

 

で、玄関前の庭です。

 

Dscn1436

 

Dscn1454

 

外国に来たような気分。

 

ネオバロック様式の日本を代表する宮殿で、勿論国宝です。

 

Dscn1443
 

 

扉には桐の御紋。 

 

 

 

 

建物が白くまぶしく光ってました。 

 

 

いざ、内部へ!ですが、撮影はここまで。 

 

建物中は撮影禁止です。

 

Img_4151_4


 

その内部、まさに豪華絢爛。凄かったです。  

 

彩鸞の間から始まり玄関内部、花鳥の間など、壁画やシャンデリア、大理石の柱など、贅を尽くしたな内装に圧巻しました。 

 

20年ほど前にフランスに旅行した時に行ったベルサイユ宮殿を思い出しました。 

 

ここで国賓の方々が記者会見や晩餐会が行われているんですね。 

 

いい体験ができました。 

 

最後は噴水のある裏庭です。

 

Dscn1451

 

 

 

ここの噴水も見ごとでした。

 

で、午後。次は昭和の竜宮城”目黒の雅叙園”です。

 

Dscn1468
 

 

有形文化財の百段階段。 

 

昭和初期、当時一流の日本画家絵画に彩られた豪華な料亭が今はまさに美術館となってます。

 

百段階段の途中の7つの部屋には天井がや欄間に豪華な絵画。数億円もする床柱など、専任のガイドさんの解説でここでは日本文化を堪能できました。

 

写真はこの”魚樵の間”のみOK。

 

Dscn1462

 

五節句の彫刻が見事でした。

 

Dscn1460_2

 

 

で、その後トレセンへ。 

 

夕方4時前から皇居2周のビルトアップ。

2周目は22分程度ながら暑さでへろへろ。

 

東京の暑さを実感できました。 

 

夏休み仕上げは、富士山の見えるレストラン。 

 

Img_4126

 

Dscn1472

Img_4146

 

長女が東京に遊びにきたので久しぶりに家族3人の晩ご飯でした。

 

 

これで夏休みも終了。 

 

さあ、しっかり仕事しやんと・・・。 

 

 


Dscn1460


 

 

 

 

コメント

コメントを投稿