フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« てっぺん昇りに・・・その1 | メイン | てっぺん昇りに・・・その3 »

2009年7月27日 (月)

てっぺん昇りに・・・その2

Asa1 レース当日の朝。 

 

薄暗いしとしと雨。昨日の大阪を出る気分とは一気に反転、当然テンション下がりまくりです。

 

けど、もうここまできたので雨に負ける訳にはいかんので・・・・

正しい和食の朝ごはん(写真はピンボケ)をしっかり食べて・・・・・

 

2

スタート会場到着。小雨の中、皆さん緊張ぎみ?

 

3a

 

そりゃそうやね。たったの21キロのレースながら3000mも登るんですからね。 

 

開会式を待つトロフィーや優勝旗がこの大会の伝統を物語っています。

 

そこで、初めて同じ宿に泊まっていたマスチンさんから聞きました。

 

「今日は天候良のため5合目で打ち切り」と・・・・・

 

スタート40分くらい前だったでしょうか”目の前が真っ暗になる”とはこんな時なんですね

 

その後は軽いジョグをしながら頭の中を整理。

 

頂上に登れないなら手を抜くか?いやいや、ベストをつくすか・・・?しんどないから楽できるがな!・・・・などなどいろいろ思いながらアッというまに号砲が鳴り響きとにかくスタートです。

  

けど、走りだすと何も考える余裕もなく、スタートライン通過までの1分22秒を取り返すべく、必死で前のランナーを拾うことに集中。

 

スタートロスを引いた馬返し通過タイムは57分22秒。予想よりちょっとかかり過ぎ。そのあとは坂も険しくなり始め道幅も狭くなり、一気にスピードダウン。徐々に空気が薄くなるのを感じながら息を整えてはチャンスを見て一人交わすの繰り返し。時折雨もきつくなる中、少しづつなら順位を上げてアッという間に5合目に到着。この夏のメインのレースが終了しました。 

 

結果1時間46分27秒。248位。

 

3年前の5合目通過より、4分だけ速いタイム。これでは目標だったベスト更新の3時間46分カットも怪しい微妙な結果やね。 

 

ゴール後はすぐ寒さを感じ、荷物を受け取る5合目登山口までジョグで向かい、さっさと着替えて・・・・・

3b

 

とりあえず終わったしるしの1杯。ちょっと苦いお開きとなりました。【笑】

 

 

その後はバスでスタート会場まで移動し、

 

3c

 

大会サービスの名物の「吉田のうどん」を頂きます。

 

3d

 

半分しか走ってなかっても・・・・2杯目です。

宿に戻り、皆と合流。汗を流した後は、機嫌を直していざ観光。

 

レースが終わったというもののまだお昼過ぎやからね~。これからまだまだ1日楽しまんとね。

Cimg8695

 

本来ならこの空の上にあるはずの富士山。山頂付近の様子は全く解りません。

 

4

 

以前から1度行ってみたかった富士山レーダードーム館です。

 富士山のてっぺん、剣が峰で約45年前から30数年間、日本の気象を管理していましたが、今では気象衛星にその仕事を任せて、ここ富士吉田市でその姿を移し、その館内では建設当時の様子などを展示しています。 

 

5

 

 

お次はそこから車で約20分。車1台がやっと通れる細い道を登り、やって来たのが名称”白糸の滝”

 といっても静岡のあの有名な滝ではありません。  

至って地味な山梨県の”白糸の滝”です。水量は少ないものの落差120m以上もあり、ひっそりした滝ですが、なかなかいい所でした。できればここでゆっくりビールなど飲みながら「新田次郎の富士山頂」などを読みたいね!等と話してました。

6

 

けど、この日はレースも途中で終わっているので、皆さん足はまだまだ元気。  さらに上に登り・・・・・・ 

 

7

見えないと解っていて、”富士見台”

 

勿論な〜んにもみえませ〜ん!(泣)

8

この日は宿を移動し、以前からモリテツ師匠御用達のホテルに滞在です。

   

さ〜とにかく今年の富士登山競争も終わって、皆で乾杯!

 

結局は残念会でしたが・・・・・・(料理の写真は全滅)

9

 

次の朝、5時過ぎに目覚め、窓を開けると、なにやら昨日の雲がなくなり、山頂が見えそうな様子。

慌ててカメラ片手に早朝ジョグ開始。

10

とうとうしっかり見えました。 堂々としたその勇姿。

11

 

早起きは3文の得やね! 

昨日スタート間もなく、くぐったコース上の金鳥居の上にもしっかり今朝は見えてます。 

S1

 

ホテルに戻り朝風呂後、7時からの朝食。

 

S2

 

今回一番のごちそう?朝からしっかり栄養補給して・・・・・・・

 

やっぱりこのまま帰る訳にはいかんでしょ! 

 せっかく目の前に日本一のお山があるのにね〜。  

12

 

で、戻って来たのは昨日のゴールの5合目地点。

さーいよいよ昨日の続き開始!けど、天気予報はこの日も大荒れ。皆さんレースのウエアの軽装しか用意していないので、この格好でどれだけでてっぺんめざせるのか?????

 

 

不安のスタートです!

 

 

   

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/352309/20736187

てっぺん昇りに・・・その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿