フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

3年ぶりの花見宴会

去年まで3年連続で長野マラソンに参加。シーズン最後のタイムを追うレースだったので、桜の花の下でゆっくり酒を飲む機会もなかったが、この週末、Tさんのお誘いで久しぶりに花見宴会に参加させたもらった。

29a_2 生ビールのサーバーを持ち込んでの大宴会。ランナーやいろいろな繋がりの家族連れの方など大人数の大宴会です。

29b いろんな差し入れで

29c おいしい食べ物も

一杯

29d だいたい酒飲みの花見というのは”桜”は酒を飲むいい理由であって、咲いてようが散っていようが、蕾であろうが関係ない。

真っ昼間から飲む口実があれば、なんでもいいのだ!

    

29e

この日も全くランなしでほぼ1日中どっぷり美味しいビールをいただきました!29e 昼間はさぼどでもなかったけど、夕方5時も過ぎると、身体も冷え冷え。

思えば走る用事以外でここにやってきたのは初めてかもね~。

ありがとうございました。

2009年3月29日 (日)

旅立ちの前夜

上の娘が先日何とか卒業。

今日から就職先の会社の研修合宿に出かける。

業務とは関係ないが、何やら4日間、広島でレガッタの猛特訓らしい。

チームワーク育成の意味合いが強いのだろう。

ヘトヘトの4日間の前夜という事で・・・・・・・・・

29c 珍しく泡の立ったワインで乾杯。

29a これまた我が家では珍しい、脂たっぷりのお肉やら

29b

こんなお肉などで、明日からの娘の合宿に頑張りにそなえて

29d

少しはオヤジ的な教訓をのたまいつつ

29e それでも、やっぱり”あま~い”壮行会?になってしまいました。

それにしてもこの娘、今年に入って、国内旅行4回、海外旅行2回。まーよく遊んだものだ。

体力だけは、一人前やね~!

2009年3月28日 (土)

大スケール!大江戸マラソン

28cバナナ・・・・・・・・・・・60.000本

アンパン・・・・・・・・・・20.000個

クリームパン・・・・・・・20.000個

人形焼き・・・・・・・・・10.000個

チョコレート・・・・・・・34.000粒

梅干し・・・・・・・・・・・・16.000個

レーズン・・・・・・・・・・400.000粒

みかん・・・・・・・・・・・32.000個

おにぎり・・・・・・・・・・40.000個

仮設トイレ・・・・・・・621基

手荷物トラック・・・・44台

足湯・・・・・・・・・・・10台 

AED・・・・・・・・・・・61台

ボランティア・・・・・・・13.000人

沿道人数・・・・・・・・・136.000人(当日午後5時)

28b

楽しく駆け抜けた42キロでしたが、

その代償は大きく・・・・・・

28a

いまだに、歩くのもつらい状態が続いております。

いつになったら、走れるのやら~!(泣)

2009年3月26日 (木)

”花の大江戸”番外後編

物見遊山当日の朝食。ホテルのバイキングは7時からなのでいくらファンランと言っても、食べてからホテルを出発するには遅すぎる。バイキングは諦めて、前夜に買ったおにぎり、サンドイッチ、低脂肪乳で済ませ、会場に向かう。
                                                             「おっ、お侍さん走って来たよ〜!」「ありがと〜」「さすがに飛脚、速いな〜」「おおきおに〜」・・・・・・・・・・                                                               で、束の間の”楽しい物見遊山”も終了。ゴール後は完走メダルとタオルをいただき、これまた巨大な更衣室?というかビックサイトの展示館まるごとのスペースでさっさと「江戸の渡世人から普通のオヤジにもどり」最終目的地のここに・・・・・

Photoいろいろ調べたが、昼間から開けている銭湯は少なく、また『富士山』のペンキ絵があるとの事なので、お台場からはるばるやってきました。またまた下町のここ。御徒町は”燕湯”です。ランナーで混雑しているかと覚悟してましたが、それらしい人はいません。地元のおじさんたちがパラパラ。テレビでは今走ってきた「東京マラソン」生放送中。なんか懐かしい思いと「やっぱりもっとゆっくり走ったほうがよかったかな〜」などと思いながら、お風呂場に。

正面には写真は取れませんでしたが見事な富士山です。伊豆方面からの姿でしょうか。ここもさほどの湯温でもなく快適。着物が擦れた腕が湯にしみましたが、ゆっくり眺めて極楽極楽。やっぱり銭湯には富士山やね〜! 偶然見つけたその絵の制作風景のページですここ

で、さっぱりしたらもーお腹ペコペコやん。歩いて10分。お次は江戸食文化の代表”蕎麦”をやっつけにここにやってきました。

Soba1_2上野池の端藪蕎麦です。老舗蕎麦屋の威厳が漂う店構えです。

メニューはだいたい決めてましたが、一応目を通します。

Soba9江戸っ子は蕎麦を食す前に焼き海苔で一杯ひっかけるようです。真似てみたいけど、胃袋はそんな粋な時間を待ってくれそうにないので、ビールと天ざる(1400円くらい?)を注文。

Soba2600円で突き出し付きです。
Soba1b

蕎麦が来るまでビールと「蕎麦みその突き出し」を舐めるながら”江戸文化に浸っている自分に酔っている”自分が好きだったりします。(笑)
そしてついに主役の登場です。

Soba3_2
太さの整った艶のいい蕎麦は、やや緑かかっています。小麦粉2割、蕎麦粉8割、の二八蕎麦です。

Soba4_2
大阪ではあまり見かけない天ぷらです。というか”かき揚げ”やね。中身が知りたいでしょ?

Soba5_2
こんな感じです。きめの細かい衣の中にはプリプリの小エビがお隠れになってました。勿論サクサクです。ちなみに上のメニューにあった「天だね」とはこの天ぷらの単品の事で「天ぬき」はお出しに浸かったこの天ぷらの事だそうです。

Soba6_2
そばは二八で、のど越しがよく、微かながら上品な香り。出しは思ったより薄味で鰹が効いているキレの良さを感じました。
おいしいです。アッという間に無くって、いや食べてしまいました。
それもそのはず!

Soba7
ざるが裏向いてるやんか!上げ底ならぬ、上げざる!てか〜。

おかわりは「汁なし」という名前で550円。勿論1枚を追加です。

一瞬で完食するももやっぱり物足りない!
けど江戸っ子は「蕎麦でお腹を膨らすなんて、やぼってもんだい!」だそうです。満腹は『粋』ではありません。(泣)

さっぱりめのそば湯で〆てお店を出ます。

とにかく美味しかったので満足してお店は出たものの、42キロ走った後に食事にしては物足らず。

Ameyoko

アメ横を散歩するには荷物が重過ぎるし、

Siata こんなとこ入る気分でも勿論なく、

もうちょっと飲みたいので

Cimg1266_5
こんなんや

Cimg1267_2
こんなんも食べながら生ビールをさらにいただいて、つかの間の下町を後にしました。

帰りの新幹線はちょっとリッチにひかりのグリーン車で。

Photo_3 Photo_4

Photo_5

浪速に帰還しました。本当に楽しい、充実した、内容の濃い、価値ある物見遊山でした。

ありがとうございました!

2009年3月25日 (水)

”花の大江戸”番外前編

今回の東京物見遊山のささやかなお楽しみは"下町の銭湯に浸かる"のと"本場の蕎麦"をいただく、この2つ。
昼前に到着した品川駅。その駅前にあった「DEAN & DELUCA」のデリカテッセンでおしゃれにランチ?てな気分にはなれず、しっかりカーボ食を摂りたいので・・・・・

1
アレア品川「吉の家」さんの「鴨すきうどん」

Photo
東京の味付けなのでしょうか、色も味つけもしっかり濃い目です。嫌いじゃない味。けど、鴨はちょっと期待はずれカモ?

その後Tさんとエントリー会場を見学し、東京ブックマークのセットのお宿のここまで車で送ってもらいました。

Gaikan_2
Daiichi
第一ホテル両国です。
今回はちょっとリッチな気分の一人旅。さらに、シングルが詰まっていたのか、案内されたのは・・・・

Room1_2ダブルのお部屋。ラッキー!やん。まーひとりぽっちやけどね・・・・・・。(笑)
Kesiki
23階の部屋の窓から望む大都会の風景。明日はここを駆け抜けるのかと思うと気持ちもたかぶります。

で、あらかじめ調べておいた銭湯「竹の湯」めざして早速散策ジョグ開始。見知らぬ土地をジョグるのはこれまた旅行の楽しみのひとつやね。

Yuuhi
途中には隅田川に注ぎ込むこの川の夕景等に見とれながら、うろうろ遠回り。土地柄何件か「ちゃんこ料理」のお店などの発見。なぜかそれだけでうれしい気分。けどお相撲さんは今大阪にきているので一人もみかけません。
日も落ち始め、迷いながら目的の下町の銭湯を発見。ウキウキ・・・・・!
Takenoyuところが、なにやら様子がおかしい?中に入って訪ねてみると、現在は老人介護専門のお風呂になっているとの事。ガビ〜ン!そんな殺生な〜!
けど、さすが東京の下町やね。江戸っ子は皆さん親切親切。向かえのスーパーで近くの銭湯「高砂湯」を丁寧に教えてもらい、5分ほど走って・・・・・・・・・・450円で無事入浴。やれやれやね〜。
Sento2_2

さっぱりして、お次はまたまた調べてあった錦糸町のレストランに向かったが、こんどは大行列。

後ろの家族が「1時間はかかるよ」と話しているを耳にして、止むなく断念。ここで開拓魂も消失し、うろうろするも適当な店も見つからず、ごく普通の「回転寿司」に入店。ここで少々不本意な夕食を摂る事に。居酒屋も考えたけど、しっかりご飯系も食べたかったし、ま〜一応「江戸前寿司」という事で!(泣)

さー明日は走った後、本場の二八そばたーべよっと!

2009年3月24日 (火)

花の大江戸大爆笑!いえ、大爆走!

21日土曜、マラソン前日は明日の天気予報に反しておだやかないい天気。

Fuji

新幹線の中で久しぶりにおやじの雄姿を拝みました。

その後、地元のTさんのマイカーで品川からまずはエントリー会場入りです。

21a
ビックサイトは熱気一杯。おなじみの谷川真理さんや、金哲彦さんのトークショーなど、
ここではお祭り騒ぎがもうスタートしてました。知らず知らずにテンションも上昇。

21b
今回はいつもと違い、至極のファンランなので、ワクワク気分全開です。

21d_2 アシックスのブースでは名古屋でラストランだった高橋尚子さんのウエアも販売。これ、6800円!高っ!!!!

その後、ホテルまでTさんに送ってもらい、せっかくの東京なので下町を軽くジョグ。

2323

つかの間のひとり旅の夜を楽しんで・・・・

Start1_2

アッというまに、一夜明け・・・・・

コンビニのおにぎりとサンドイッチで朝飯をすまし・・・・

宿泊先の両国のホテルを出てスタート1時間半前に会場到着。

すでに都庁前辺りは熱気もムンムン、35000人のランナーとスタッフボランティアで凄い事になってました。

Start2
パンやバナナ、水などのエイド、トイレも思ったほどの行列でもないように思いました。3回目と言う事もあり、しっかり準備されているんでしょうね。

Start3 また荷物預けからスタート地点の誘導などスムーズにランナーが流れて行きます。

Start4 見事な運営です。どんより曇って今すぐにも降り出しそうな曇り空でしたが、衣装のせいかさほど寒さも感じず号砲を待ちます。

Start5 いよいよ3万5千人が同じゴールを目指して大都会を駆け抜けるお祭りの始まりです。
そしてスターターの都知事の登場にランナーも大声援!”してやったり”の最高の気分でしょうね。

Start6

そしてついに紙吹雪舞い散るなかの派手なスタート。なにやらあっちこっちから煙を吹き出してます!マラソンスタートというよりも、まさに”フェスティバル”の始まや〜!

自分は衣装の為もありましたが、勿論ノーアップなので走り出しはちょいゆっくりめでと思ってましたが、やはり中々そうは行きませんやね。

Start7 あちこち撮りまくろうと持っていたカメラは新宿駅辺りで早くもポーチにしまい込み、仮装にもかかわらずランナー魂がムラムラと目覚め、ペースアップ。一時は4分10秒程度まで上がってしまう始末。やっぱりビルの谷間の大通りを駆け抜けるのは最高の気分です。大都会の大動脈をまるで血液のように勢いよくランナーが流れていく様子はまさに荘厳!鳥肌モノです。

そんな中自分を見ての笑い声の波「おっ、サムライっ!早いじゃん。かっこいいね〜!」沿道の応援に乗ってしまい、中間点を1時間31分半ばで通過。3時間半程度でゴールする予定が「仮装で3時間切ったろか?モードに!」

こうなるともうカメラで撮影どころではありません。走り優先です。

Cimg1295 それでも沿道の「町人」や「飛脚」、「弥次喜多」「弥七」はたまた「Hey Mr.SAMURAI!」の外国人等の絶え間ない声援にしっかり反応しながら笑顔を絶やさず走り続け、浅草寺折り返し地点ではわざと大回りし万歳万歳の悪乗り状態。(写真はテレビ放送で銀座を駆け抜けるサムライの様子)

全く最高の気分でした。が、どうした事か中間地点から違和感があった左太腿の痛みがまし始め、後半はじりじりとペースダウン。ごまかしながら走ってましたが、35キロ以降は痛みを隠すのがきついくらい。

しかし、今回は「最後まで楽しく笑顔で走りきる」ランナーを演じ切らなければいけません。

最後は雨と強風で厳しいランになりかけたが、立ち止まったり、つらそうな走りは絶対しない。沿道の人達に最後まで「マラソンの楽しさを伝える」べく使命?(そこに今回の仮装の真意があるのだ)に徹し感動の笑顔でのゴールでした。

Goal2

それにしても噂通りの素晴らしい大会でした。スタッフ、役員、ボランティアの皆さん、さらには声援をいただいた数千、いや数万人の沿道の皆さん、それと勿論Tさんも!ほんとうにありがとうございました。

Goal1 えっ、ゴールタイム?っすか!

後半遅れて、ラスト5キロは大失速で3時間12分ほどかかってしまいました。(泣)

2009年3月22日 (日)

大江戸物見遊山とりあえず・・・・

最高の経験でした。

42キロ、アッという間に終わりました。

Photoずーと笑って、沿道の声援に答えて走ってました。 新しいランの楽しみを開拓した感じです。

東京マラソン、最高です!

詳細はまたね・・・・・。

2009年3月20日 (金)

またまたうどんですみません

  この1週間、前の土曜は12kジョグ。

日曜は大阪城公園で何故かキロ4分30秒ペースの30キロのぺーラン。

月曜は帰宅ジョグ10キロ、火曜は通勤バイクのみでランオフ。

で水曜は9kのビルトアップ、帰宅ジョグを含め18キロで、昨日は通勤バイクと7キロジョグ。

ちびちび走って、なんとかちょびっと体重を落として東京物見遊山ランに備える。

と、一応ランナーブログの記事に始まって・・・・・・

今回も食べてばっかりですみません!

今回もおいしかったのでご紹介です。

Cimg1105

今回もおいしいうどんを求めて車を飛ばし30分。やってきました本町の「春菜」さん。昼時だったので、さらに10分ほど待って席につきました。

Cimg1093 まず、季節メニュー―の鶏肉入りあんかけうどん。

Cimg1095 とろっとろのだしの中にうどんと、かしわが潜伏してました。

Cimg1098 自分のオーダーは「海老天おろしぶっかけ大盛り+温泉卵」

全貌がこれで、

Cimg1097_2 うどんアップがこれ。

みのごな盛り付けに感動!もうお腹ペコペコ。ドキドキしてきました。(爆)

Cimg1099

これが、天ぷらたち。おおぶりの海老が2本とまいたけ、大葉、うしろにしし唐がお隠れになっております。

Cimg1102 焦る胃袋を抑えてトッピング終了。これに冷たいつゆをぶっかけて完成です。

Cimg1103

噛みごたえ抜群のうどん。なかなか手ごわい食感ですが、うまいっす。天ぷらもさくさく。だしと玉子と野菜と薬味がそれぞれいい仕事をしてますね。

Cimg1101 「鶏からぶっかけうどん」のから揚げです。うどんは「海老天ぶっかけ」と同じなので、から揚げのみのアップです。

これもボリュームたっぷり。勿論サクサクでした。

この他、写真無ですが、「肉ねぎぶっかけ」も絶品。

ジャズが流れるオシャレな雰囲気で、今回もなかなかいいお店でした。勧めですよ。

2009年3月18日 (水)

カーネルの誘惑

道頓堀から24年ぶりにカーネルおじさんが救出されたニュースは結構衝撃的だった。

思えば当時、丁度自分の結婚式。2次会、3次会とその道頓堀をさまよってたんですよね~。

で、今回あまりのカーネルおじさんのTV登場で久しぶりにここのフライドチキンが食べたくなって・・・・・・

Tenta1

このかたにご挨拶がてらに・・・・・・

Kenta2

やってきました。

御兄弟も無事救出されて安心したのか、ええ笑顔やね~!顔の色つやもピッカピカでええしね~。

思えば自分が中学1年生の時、ブルースリーの「燃えよドラゴン」をミナミの映画館に見に行った際、友達が持っていた”コレ”を一口もらって食べた際「こんなうまいもん食ってる国には戦争も負けるわな!」と思ったくらい衝撃的だった。その時は映画よりもこのフライドチキンのほうがショッキングだったかも・・・・・?

Kenta3_2

テイクアウトで自宅でいただきました。そろーと箱を開けて、のぞいてみると・・・・いつものあのなんともええ匂いです。Kenta4ちいさな幸せの匂いです。

この皮のスパイシーでカリカリなのがたまれませんな~。なんともビールと相性のいい野郎です。

Kenta5_2

年に2~3回くらいは食べるでしょうね。自分は間違いなくマクドよりケンタ派です。

2009年3月16日 (月)

5年間を振り返って

走り始めて日誌をつけだしたのが5年ほど前。

今回初めて距離を計算してみた。

以下おやじランナーの走行距離と記録です。

2004年・・・・3878k (月平均323k) 加古川マラソン3時間17分

2005年・・・・4752k (月平均396k) 福知山マラソン3時間2分

2006年・・・・4889k (月平均407k) 加古川マラソン2時間59分

2007年・・・・6063k (月平均505k) 防府マラソン2時間48分

2008年・・・・5651k (月平均471k) 加古川マラソン2時間56分

5年間総計25233k  (月平均420k)

この5年で月の最低走行距離は2004年2月に踵を故障した202k。

去年はサロマ以降疲れが抜けず、自覚がありながらだらだらと走り続けたため、このシーズンは結果を出せず。調べてみて改めて去年の距離の低下を把握。勿論距離だけではなく、この間のポイント練習もしっかり消化できていなかった。

また2004年以外、夏は2005・2006年と富士登山競走、2007・2008とサロマ100キロとマラソンシーズ後も休み無しで走り続けてきた。体のケアなしで5年間のツケが一気に廻ってきたと考えられる。

2001年夏からジムに通いだし、2002年の堺シティー10キロを50分で走ったのがマラソン人生の始まりだった。その頃の体重は現在より10kg以上オーバーの70kg超。

まーよく走ってきたもんだとつくづく思う。四十の手習いが幸運にも別大のスタートに立つまで至ったおやじの”趣味”これからどう進んでいくのかな~?

とりあえず、次の週末はこんな恰好で・・・・・・・・・

Cimg1150_4

物見遊山に江戸までお出かけしてきます!(笑)

見かけたら声ちょうだいね~!